歯科用レセコン【Power 4G】のご紹介

レセプト業務



歯科レセコン【Power 4G】には、レセプトを1画面で表示できる独自のフォーマットがあります。
処置入力画面から直接レセプトプレビューの表示が可能です。
月の中途での保険者変更時には2ページのプレビューが表示され、レセプトに完全対応しています。

レセプト印刷用紙、白紙へのオーバレイ印刷機能

レセプトの印刷はあらかじめ、レセプトの枠が印刷されているレセプト用紙印刷と普通の白紙からの印刷ができます。
それではレセプト用紙を用意しなくてもいいのではないかと思われるかもしれませんが、プリンターのトナーを多く消費してしまいます。トナーは高価なものなので出費がかさんでしまいます。
ですので、レセプト用紙を通常時お使いになって、点数改正時期にレセプト用紙の足りない分を白紙印刷をするのが運営上効率的です。

レセプト印刷プレビュー機能

レセプトを印刷する際にプレビュー画面で入力データをチェックできます。
印刷する前にミスを直すことができるので、用紙やトナーなどのロスを減らすことができます。

(イメージ:フォーマット画面)


(イメージ:印刷プレビュー)

▲ページの先頭へ

非常に見やすいレセプト印刷

歯科レセコン【Power 4G】は、見やすい書体を使用して印字しています。

傷病名部位の欄は最大3段式

1段で収まる場合は、大きな文字で中央に印字します。
文字数が多い場合、文字の大きさが自動的に調節され、最大3段で表示されます。これを超えると自動的に摘要欄に印刷されます。

レセプト一括チェック機能

歯科レセコン【Power 4G】はレセプト発行の際、保険内容のチェック、処置チェック、病名漏れチェックも同時に行われます。
チェック結果一覧から処置画面へ直接ジャンプできますので、修正が簡単に行えます。

編綴順印刷・患者番号順印刷・患者名50音順印刷

提出用の編綴順、点検用に患者番号順などを選択してレセプト一括印刷を行えます。

ページ指定印刷&患者番号指定印刷

個別発行を行っても編綴ページ番号が印字されます。差し替えが簡単に行えます。

摘要欄のオーバフロー対応

摘要欄の印字が多く印字できないものが発生した場合、溢れた文字列を白紙に印字する機能が搭載されています。
それらは摘要欄の溢れた患者様一覧から簡単に行えます。

総括表・国保請求書のダイレクト印刷

各都道府県の請求書様式に対応しています。

社保患者の県単福祉請求書のダイレクト印刷(乳・親・障 等)

社保福祉併用のレセプトの印刷機能がとても便利。処置内容を打ち出さないレセプトも印刷ができます。
レセプトは単独請求レセプトで、社保福祉併用レセプトは公費番号欄に番号を印字します。

返戻処理機能

返戻レセプト年月を指定すると当時の保険情報は自動判別され総括に集計されます。
返戻レセプトは処置内容を入力する必要はありません。
「診療実日数」「点数」「一部負担金」を入力するだけで集計されます。

▲ページの先頭へ