応研ソフト【福祉大臣】のご紹介

月次処理

試算表

「合計残高四桁式」「合計残高六桁式」「合計試算表」「残高試算表」の4種類で表示・出力できます。週報・旬報など、会計期間内で任意の期間を指定しての出力も可能です。表示金額単位や構成比の出力など、詳細な設定が行えます。また、科目を要約することで、小計金額で試算表を確認できます。

補助科目明細書

補助科目を持つ勘定科目の動き、残高を確認します。部門・現場・工種・業者・摘要の5つの条件で、絞り込み出力可能です。また、導入時の補助科目期首残高確認にも利用できます。

部門集計表

科目数や仕訳数に関係なく9,998部門まで使用できます。管理範囲は損益8分類、原価4分類を個別に指定可能です。

銀行振込処理

銀行振込の際に必要な振込依頼書や銀行振込データを作成できます。伝票期間の任意指定や振込通知後のチェックも可能です。

固定資産管理

減価償却費の自動計算はもちろん、減価償却資産の一覧表、増減確認表、法人税申告時の別表十六、青色申告決算書の資料などを作成できます。その他にも減損会計基準への対応や最新の税制改正にも対応しています。

リース資産管理

リース会計基準に対応した内容で登録が可能です。契約から月々の支払管理までしっかりサポートします。リース物件の資産計上や支払時の会計処理・利息計算計算も簡単に行えます。

分析処理

リアルタイムに分析を行い、様々な角度からグラフィカルに表現。企業の健康状態を一目で確認し、的確な判断のために材料として活用できます。もちろんグラフ類はプリンターに出力可能です。

資金繰管理

給与・家賃などの定期的に発生する仕訳の予約起票、設備投資、借入関連の金額や予定を登録し、資金繰の状況を一覧して把握できます。また、各資金科目の予定残高の確認も可能です。

手形管理

仕訳伝票に登録された受取手形/支払手形について満期日別に一覧表を作成し、手形の期日管理が行えます。また、支払手形の満期日が近づいたことをポップアップウインドウで告知します。

予算管理

部門別、科目別に予算管理を行えます。登録済みのデータを参照することで効率良く登録できるほか、勘定科目に登録した予算額を補助科目に配賦することも可能です。また、シュミレートした予算を登録し、比較することができます。

内訳書

勘定科目の内訳明細書16種類を出力できます。帳票は科目を指定して集計するだけでなく、文字・金額の入力、行の挿入・削除・移動・コピーなど様々な編集が可能です。また、印刷は文字・金額を印刷した提出モードと、既定のフォームのみの印刷をする手書用モードが選択できます。最大5種類のその他の科目の内訳書の作成も可能です。

▲ページの先頭へ