応研ソフト【福祉大臣】のご紹介

工事関連帳票

工事台帳

伝票入力時に「現場」を入力することで、現場ごとの台帳が自動生成されます。工事台帳は、明細形式のA形式と、印刷用紙同様のB形式から選択できます。

完成自動振替

経理方式が[未成工事支出金より]の場合、完成工事高の計上とともに、未成工事支出金を工事原価科目に振り替える処理が必要となります。この完成振替伝票を自動出作成します。複数の現場の一括完成振替も可能で、さらいスピーディーな処理を実現します。

現場登録/業者登録

●現場登録

  • 現場名、施工場所、発注者、発注額など工事現場の情報を登録します。

●業者登録

  • 業者名、住所、電話番号、支払締日、支払予定日など業者の情報を登録します。

発注・支払処理

  • 発注から支払いまでの細かな業務をスムーズにサポートします。発注書の印刷もカンタンです。

●発注登録・発注書印刷

●出来高査定

●支払決定書

●銀行振込依頼書

工事原価帳票

  • 工事関連の帳票も豊富にご用意。日々の管理業務をしっかりサポートします。

●一覧表帳票

●現場別帳票

●自由設計帳票

●入金帳票

●支払帳票

出来高管理

  • [出来高管理表]は指定されて現場の予算・発注をもとに予算残高・見込利益や進行状況を確認できる帳票です。

原価予算管理

  • 現場ごとの予算実績の対比を出力します。現場別/工種別/業者別/科目別の予算管理が可能です。

出面管理

  • 1ヶ月の作業日報と給与額を入力することで、現場ごとの労務費を算出します。

●日報の工種対応

  • 日報で工種入力が可能です。これにより、人件費を現場別・工種別に振り替えできます。また、振り替えられた人件費は各種管理帳票に工種別で集計されるため、より徹底した原価管理を行えます。

●出面体系

  • 各社員に出面体系(グループ)を設定することで、人件費をグループごとの科目で振り替え可能です。

給与大臣NXとの連携

  • 社員情報の共有や出面日報からのきゅうよけいさんなどがラクラク行えます。

自動配布処理(間接費自動配賦・共通費部門配賦)

  • 間接費・共通費を自動配賦。仕訳伝票も自動起票し、ラクラク・カンタンに配賦処理を行えます。

経営事項審査

  • 振替伝票から自動集計されたデータをもとに経営事項審査試算表や工事経歴書を出力する、経営戦略に欠かせない機能です。自社の最新情報がいつでも、カンタンに参照できます。

●激変緩和選択一覧表

  • 激変緩和措置に選択した基準の組み合わせ(4通り)によって、総合評点P、X1評点、X2評点、Z評点の値がどのように変化するかを即座に把握できます。

●工事経歴書

  • 完成工事の出力割合・未成工事の出力件数を自由に設定できます。

▲ページの先頭へ