応研ソフト【販売大臣】のご紹介

導入処理・データ登録

計算式設定

販売・在庫管理ソフト【販売大臣】は、伝票に計算式を導入できます。
計算式内で使用できる項目は、数値6項目、日付4項目、文字4項目を使用でき、重量、日数、容積等、特殊な数量計算の場合でも安心。
また、伝票入力項目はユーザー様で設定できます。
さらに、入力の順番も変更可能。納品書と同じイメージで入力できます。

データ受入

【販売大臣】は伝票データだけでなく、マスターデータや仕入・売上・在庫等の履歴をCSV形式で受け入れることができます。
受け入れる項目や順番を個別に指定できるので、他ソフトやオフコンからの載せかえも簡単です。
もちろん、項目や順番の設定は登録可能なので何度も設定する必要がありません。
また、[受入方式設定ダイアログ]では、受入元の項目文字列をダイレクトに受け入れるか、フィルタ・テーブルを用いて加工して受け入れるかを選択することができます。

レイアウトエディタ

「自社様式の請求書に印字したい」、「得意先から指定された伝票がある」場合、レイアウトエディタが威力を発揮します。
印刷項目の追加や、打ち出し位置の設定は自由にミリ単位で設定できます。
複数ページに連なる帳票のレイアウトも自由自在。
また、項目の文字の間隔も自由に指定できるので、ユーザー様独自の納品、請求書の微妙な印字枠にも対応できます。
さらに、罫線の色の指定や固定イメージをレイアウトに反映することも可能です。

(編集可能な帳票)

納品書 / 請求書 / 領収証 / 受注書 / 仕入伝票 / 発注書 / 支払書 / 送り状 / タックシール / 見積書 / 倉庫間移動伝票

▲ページの先頭へ