建築設備CAD【CADEWA Smart】のご紹介



設備CADにできることは何か

さまざまな課題に直面している建築業界。深刻な人手不足。資材の高騰。働き方改革による事実上の工数短縮。さらにはベテラン組の大量離職にともなう技術承認の問題。これらの課題をすべて解決に導く、「賢さ」をまとったフル3次元CAD。シリーズ最高峰のCADEWA Smart、誕生。

はやい:時短に直結する、スピード

マルチスレッド

「マルチスレッド」テクノロジーの搭載により、CAD上の複数タスクを並行処理できます。

リアルタイム材料集計

作画・編集した図面からリアルタイムに部材数量を把握。
重量や容量を検討可能です。リストで選択した部材は、図面上でハイライト表示します。

大容量データ高速処理

高精度な部材表現でありながら、軽いハンドリングを実現しました。

わかりやすい:誰もがすぐに使いこなせる、簡単さ。

リボンインターフェイス

ユーザインターフェイスをリボン化し、前シリーズと比べコマンドを集約したことで
直感的にコマンド選択が可能です。

プロパティ

情報集約されたプロパティから材質、スタイル、レベルなど
コマンド起動せずダイレクトに編集可能です。

ハンドル操作

コマンドを起動しなくても、ハンドルからダイレクトに作画・編集。
[スペース]キーを押す度に、ハンドル種類切り換え可能です。

スナップ機能

ルート作画時には、常に長さや確度などのガイドを表示
数値入力による指定も可能です。

かしこい:リスクを顕在化する、スマートさ。

施工チェック

図面から一括で、不整合箇所や「べからず工事」(間違った施工方法)をチェック可能です。
手戻り工事が発生しないことは勿論、質の良い図面の作成が可能です。

電気チェック項目
・ スピーカー同士の距離
・ 感知器-制気口
・ LANケーブル最長長さ

空衛チェック項目
・ ルートの間隔
・ ダクト曲率
・ ホッパーの拡大、縮小角度
・ 送風機吐出側のダクトの曲り
・ 風量制御装置の取り付け位置
・ 排煙口の取り付け方向 ・ 防火ダンパ吊り
・ 鳥居配管
・ 配管勾配
・ トンボ配管
・ 異種金属接合 ・ 直管長さ
・ 排水横走菅への接続
・ 床下掃除口の取り付け方向

必要部材の自動発生

ポンプに必要な部材を自動作画。「速い」だけでなく、「抜け漏れ」を防止します。

振れ止めの自動発生

インサートの作画と同時に、耐震基準に沿った吊金物を一括で作画します。

高精度な干渉チェック

部材の開閉領域や開口スペースを判断し、高精度な干渉チェックが可能です。
また、近接する部材の注意喚起、配管など保温材を加味したチェックも可能です。

▲ページの先頭へ