建築設備CAD【CADEWA Real】のご紹介

空調設備機能

機器・器具配置

シンボルは、空気調和・衛生設備CADシンボル基準「SHASE-S 001-2005」を搭載します。設備機器ライブラリは、「設備機器ライブラリ ”Stem” Ver8.0」に対応します。詳細寸法を指定するパラメトリック配置や一括配置に対応します。さらに配置基準点の切替で、目的に応じた配置ができます。編集モードでは自由に階層フォルダを作成し、任意の並びでシンボルを表示させる事ができます。

ルート作画

平面だけで簡単にルート作画できます。ルートサイズは、流速・動水勾配等や圧力損失・風速等により計算できます。またエルボや分岐チーズ、ホッパー、立上下げ継手などが自動発生します。斜めルートを含んだ複雑なルートも平面のみで簡単に作画できます。
また断面からも作画できます。作画と同時にリアルタイムに表示される3次元CGで、一目で確認でき、正確かつ簡単に作画できます。

・レベル変更すると自動で継手が発生します。
・連続作画時、継手同士がぶつかる箇所は赤色表示します。
・機器・器具に設定されている接続点とサイズを取得し、ルートを作画します。
・複数の機器・器具へのルート接続は、多彩なパターンから作画できます。
・作画と同時に陰線処理やサイズ注釈、塗潰しを作画します。
・作画時に指定したレベル基準位置(上端、芯、下端)を元に、サイズ注釈のレベルを作画します。



技術計算

制気口算定、自動ルート作画等の技術計算シミュレーションにより設計業務を支援します。
自動ルートでは、複数の機器・器具から、負荷単位・風量を取得し、サイズ計算を行いながら自動作画します。(給水計算、排水枝計算、ダクトサイズ計算)

アイソメ

平面図からアイソメ図を自動作画します。配管・ダクトのサイズ、長さ、流量、風量なども同時に作画し、隠線処理もできます。

編集

機器・器具編集

配置済みの複数の機器・器具に対して、一括で機器・器具の置き換えや配置角度・倍率変更等の編集ができます。
さらに機器・器具を移動すると、接続されたルートも連動して移動・伸縮します。仕様変更などにともなう図面の修正にもすぐに対応でき、大幅な時間短縮ができます。

ルート編集

作画済みのルートに対して、ルート移動、ルート変形、ルート伸縮、直管割・ダクト割、ダクトの面・芯揃え、継手変更、管端変更、サイズ変更、レベル変更、用途変更、材質変更等の豊富な編集機能で、図面の修正にスピーディーに対応できます。
サイズ、レベル、材質、用途等を変更すれば、注釈文字も自動で変更します。
指定区間によるルート変更は、必要な継手も自動発生します。また寸法値の変更で、機器・器具やルートが連動して移動します。さらに隠線順位の入替や隠線部分の復元等もできます。

仕上げ

図面内に作画した機器・器具を検索し、衛生器具リストや制気口リストを自動で作画します。
その他、冷媒サイズ表、ルート記号、風向記号、一括隠線、サイズ・レベル一括作画、配管・ダクトの切断面記号自動作画等、多数の仕上げ機能を搭載します。

▲ページの先頭へ