建築設備CAD【CADEWA Real】のご紹介

基本・建築機能

AutoCADとの高い互換性

Bylayer

ByLayerに対応し、レイヤごとの色・線幅・線種、フリーズ・ロック状態を読込・保存できます。

要素

ポリライン、スプライン、ハッチング、ブロックを線分に分解することなくAutoCADの持つそのままの属性で読込・保存できます。

文字

AutoCADベクトルフォントは、大きさ・位置をそのまま表示できます。
Windowsプロポーショナルフォントは、AutoCADと見た目が合うように表示できます。

色、線種・線幅

AutoCADが持つ色と標準的な線種・線幅を搭載し、変換することなく読込・保存できます。

ペーパーレイアウト・外部参照

ペーパーレイアウト・外部参照を読込・保存できます。また図面を開く前にペーパーレイアウト・参照図面の有無を確認できます。さらにペーパーレイアウトを同時に開くか、参照図面を読込むか指定できます。

3次元情報

AutoCADの3次元情報を読込めば、平面だけでなく断面・3次元CGもリアルタイムに表示されます。またCADEWAで作画した設備部材は3Dフェースやポリメッシュで保存でき、AutoCADで3次元確認ができます。

レイヤ

多数のレイヤや階層分けされたレイヤも、レイヤツールバーで簡単に選択できます。レイヤ一覧で、レイヤの追加・削除、名称の変更、さらに複数のレイヤに対する、表示・検出等の情報を一括で変更できます。便利なレイヤ分割一覧にも対応します。またAutoCADのByLayerに対応し、高い互換性が実現できます。

コンテキストメニュー(右クリックメニュー)

関連コマンドと最近使用したコマンドのタブ表示で、コマンド選択が簡単です。表示メニューのカスタマイズもできます。
またコマンド起動中はコマンドツールバーメニューの内容を表示し簡単に設定値を変更できます。
さらに利用頻度の高い「基準点」モード、「寄り合わせ表示」をメニューに用意し、操作性をアップします。
配線作画時のコンテキストメニュー

インポート、エクスポート

設定マスタや登録した部材データのインポートとエクスポートができます。
社内標準マスタや現場での部材データの共有等、現場運用にすばやく対応できます。

印刷・連続印刷

印刷プレビューにより、印刷状態をチェックした上で、印刷できます。さらにモデルとペーパーレイアウトごとの印刷設定により、効率的に印刷します。
連続印刷により、複数の図面ファイルを指定した用紙サイズに自動拡縮して印刷できます。さらに図面内の「平面のみ印刷する」か「全てのペーパーレイアウトを印刷する」を指定できます。

印刷プレビュー 連続印刷

データ貼り付け、図面/CGコピー貼り付け

図面にWord/Excelデータや画像データ(JPG/BMP/TIFF)を貼り付けできます。
また図面やCGをWord/Excelに貼り付けでき、資料作成にも効果を発揮します。

鋼材、フロアライン、切断記号

鋼材の作画・編集、フロアラインの作画、切断記号の作画等、多彩な作画・編集機能を搭載します。

剛材作画 フロアライン

干渉チェック

配管、ダクト、梁に加え電気部材との干渉を自動でチェックします。
干渉箇所は、2D、3D共に赤色で表示し、干渉部材を一目で確認できます。

▲ページの先頭へ