建築設備CAD【CADEWA Real】のご紹介

電気設備機能

電気部材変換

他CADで作画された電気図面を書き直すことなく、CADEWA Realの電気部材に変換できます。
(機器・器具、配線、条数、隠線記号、エンド伏せ、省略記号)。

機器・器具配置

シンボルは、(社)日本電設工業協会「JECAシンボル」を標準搭載します。
詳細寸法を指定できるパラメトリック配置や一括配置、連結配置、システム天井配置、円弧配置に対応します。また配置基準点の切替で、目的に応じた配置ができます。さらに複数配置時は、配置後に自動配線もできます。業務用、住宅用の太陽光パネル・パワーコンディショナ・接続箱を追加でき、LED照明器具も配置可能です。
配置モードでは絞込表示機能を追加できます。編集モードでは階層メニューの編集機能・レイヤ設定機能を改善しました。自由に階層フォルダを作成し、任意の並びでシンボルを表示させる事ができます。また、同一シンボルを複数の階層に表示させる事もできます。部材に因らず階層フォルダ毎にシンボルの作画レイヤを設定できます。

配線作画

配線は、施工方法別に色・線種・線幅を設定できます。配線作画時は、用途に応じて配線条数・省略記号・エンド伏せを同時に作画でき、作画効率が向上します。また複数の配線を一括で作画でき、ケーブルラック上の配線作画や系統図の配線作画もスピーディーに対応します。


充実した機器・器具の配線パターンにより、効率的に作画できます。


また機器・器具に対する一括作画、集中作画、さらに配線の自動振分け、一括矢印作画、立上引下記号作画等、多数の作画機能を搭載します。
配線作画と同時に、リアルタイムに隠線処理します。また点滅回路を設定すれば、自動で条数を計算して一括作画できます。

ケーブルラック、バスダクト・金属ダクト、複線配線

平面図だけで、ケーブルラック、バスダクト・金属ダクトが簡単に作画でき、3次元CGも表示されます。
さらに作画後もルート移動・変形・伸縮、レベル・サイズ・材質の変更もできます。
またケーブル・電線管は、3次元CGに対応し、取り合い検証に利用できます。

▲ページの先頭へ